vs.家族

こんばんは。

皆さまお元気にしていますか。

今日は私は休日でした。

もともと今日は、仲間との大事な予定が一か月前から決まっていたのですが

朝、家族と一悶着が始まり、土壇場でキャンセルせざるを得なくなりました。

要件さえ終われば途中合流もできたでしょうが、きっと朝のメンタルを引き摺ったまま

情緒不安定で変な行動・言動をし、仲間に迷惑をかけるだろう

と判断して、丸一日お休みしていました。

 

「親の愛情」「家族団らん」が気持ち悪い

親と別れたあと、午前中この感情に苦しんでいました。

罰当たり、親不孝もいいところですね。

ですが、長いこと拗らせている感情の一つです。

 

お盆や年の暮れ、実家に家族が集まったりしますよね。

机を囲んでテレビを見て、ああでもないこうでもない言い合ったりして。

 

あの雰囲気が、生理的に受け付けないのです。

一刻も早く逃げ出したくなります。

我が家のいわゆる「家族団らん」と称されるものが

全て嘘の演技に思えて仕方ないのです。

 

料理の支度をして、無事宴会がはじまったら

「頼む!はやく部屋で一人にさせてくれ!」と心中叫びながら

とりあえず表面的に愛想笑いをし、相槌をうち

無事宴会終了して片付けまで完了したら、容赦なく自分の部屋へ駆け込んで寝ます。

次の日、即効で自分のおんぼろアパートへ帰ってきて、なんとホッとすることか。

ここ数年はそんな感じです。

 

私にとっての「親」

 

あなたにとって「母親」「父親」ってどんな存在ですか。

自分はもう、母親を亡くして十数年にもなるので

もうよくわかりません。

 

父親」も、よくわかりません。

立派な人です。

母親亡き後、男手一つで子ども3人を成人させました。

今のような父子家庭対象の手当も無い時代でしたから、本当に

大変だったことと思います。

私から父親の話を聞いた人は皆、立派な人だと言います。

 

だけども、私にはよくわかりません。

 

長くなりそうなので、また次回以降に。